新聞にも載らない小さなこと、ローカル的なことを、私見を交えてニュースとして掲載します(噂も含め毎週金曜日更新予定。掲載は1ー2日早くなることもあります。)大屋出身の方は必見のコーナーにしたいと思っています。

 5月 27日号

大屋富士
大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。

<今日の様子>

5月も最終になりました。本当に月日の経つの早いですね。驚きます。昨日14時頃雷が鳴り、冬は何回か鳴りましたが、久しぶりの雷で、あまりにも近くでなるものですから、恐くなり急いで、パソコンを消しました。昔パソコンに落ちたと言う事を聞いたものですから、雷が鳴り出したら反射的に消すようになりました。今パソコンがなかったら、仕事が出来なくなりますから。でも最近パソコンも日本はダメだなということを感じることが多くなりました。今年になり養父市もやっと10ギガ使えるようになり、プロバイダーのホームページにはWi-Fiでするより、有線でする方が安定しているということで、有線出来るならと申し込んでいろいろと調べたら、lanの速度が市販のパソコンでは出ないということがわかり、Wi-Fiなら近くしか出来ないし、また今はいろんな電気製品にもWi-Fiで使えるようにしているのでパスワードなどを変更するのがいやだし、変更するのをやめました。以前だったら、パソコン側の方が先行していたのに、技術は携帯に追い越されてしまったようです。まだハブなどを調べてもいいものがなく、値段だけ高いような気がします。もう少しパソコンが時代に追いついたら、やろうと思っています。
但馬のコロナの新規感染者が連休が終わっても増えず、ホットしています。まだ豊岡管内が27人多いんですが、朝来管内は2人。養父市は1人。2日か続けて1人です。24日は10人とそのうち8人が80代で心配したんですが、ホットしています。養父市の学校も学級閉鎖になっているところはないようです。やはりワクチンですかね。やっと安心して暮らせるようになりました。
週末は天気がよさそうですが、25℃越えの暑い日が続くようです。週明けは曇りの日が多く、昨日から半袖を着ていますが、ちょうどいいです。



(5月 26日掲載)


















柚子の花
何の木かわかりませんが、私には花や葉を見ればわかる唯一の木です。花の色は白で、葉で判断出来ます。葉の先端にくぼみがあり、柑橘類も実や色では区別しにくいですが、葉を見ればすぐに柚子とわかります。柚子もいろんな料理が使えるようになり、レパートリ-が増えました。昨年から大変柚子の特長をいかせた料理ですが、柚子大根が好きで、冬より暑い夏の方がいいなと思っていても肝心の柚子がなく、日本のレモンで代用が出来ないかなと思って作ったところ、とてもおいしく、蒸し暑い日になんかとてもさわやかな、料理として使えそうです。また柚子が出来たら楽しみの料理のひとつです。ふろふき大根や、豆腐の田楽には、柚子味噌が活躍しますが、サワラは春の魚だと漢字からお思いの方が多いと思いますが、じつは秋採れるサワラもおいしく、柚子のつけ汁を作り、サワラを焼いて付ければ、柚庵汁焼きという立派な料理のひとつ。おせち料理には編み笠柚子などがなくてはなりませんが。日本料理には隠し味的存在ですが、なくてはならないものです。去年は少なかったですが、今年はなり年なので楽しみです。

(5月 26日掲載)

















桑の実

この写真を見てもご存じ方は少ないですが、これが桑の実です。この写真になっている実は食べられるものは少ないですが、写真の中に2つほどありますが、バイオレットになれば、とても甘くなりおいしいです。大屋は昔は養蚕が盛んで多くの畑には桑の実が植えられていましたが、今はほとんどありません。私の小さい頃、学校の帰りに桑畑があり、畑の中に入り桑の実を食べているところを先生に見つかり、寄り道をしないように注意されました。先日新聞を見ていたら、クロワッサンに蚕を粉にして混ぜるという記事を読んだんですが、私は小さい頃蚕さんを飼っているところに行くと匂いが嫌いで、あの匂いを思い出すとちょっとなと思います。
先日も新聞で兵庫県の回転寿司のメニューで一番人気のものはサーモンだと書いてあり、私が調理師の勉強しているとき食品衛生学の講義で、鮭と鱒は寄生虫がいるので生で食べないようにと教えてもらったのに、今は生で食べても養殖だからいいのかなんて思うこともあります。私の習った食品衛生学の先生曰く、日本料理は嫌いです。生で魚を食べますから。私はけっして魚を生で食べません。いろんな病気の予防になりますから。でもいろんな人を見ていたら、食中毒で下痢をしてもいいような人がいっぱいいますが。一度ぐらい食中毒を経験してどのぐらいつらいかを知るのもいいですよといわれていたのを思い出します。今年食中毒で問題になっているのがアニサキス。今旬のかつをの腹にはたくさんおり、目でわかります。私が知る限りアニサキスによる食中毒は、森繁さんという有名な俳優さんがおられ、しめサバで腹痛になり、胃カメラでアニサキスが発見されてから、アニサキスによる食中毒が有名になりました。私何年前から、ヒラメにはクドアという寄生虫がいるということで、それがわかってから冷凍にしていますが、冷凍をした方が身が甘く、とてもおいしくなり、魚によっては冷凍した方が寄生虫などが死に、かえっておいしくなると言うことを知りました。もちろん切り方もですが。刺し身は厚く切ってもおいしくありません。調理師は魚によっておいしい切り方を憶えなきゃいけないなと思います。これから暑くなり、食中毒が増えますが、最低限でもいいですから、食中毒の知識を知って、安全でおいしい食事をして下さい。

(5月 26日掲載)





















氷ノ山


今週もきれいな氷ノ山が撮れました。先週このページで紹介したスズコも今週は終わったようです。早いです。中に虫が入るようになったら終わりです。今週初めてスズコ御飯して販売しましたが、あっという間に売れ、家でも食べましたが、おいしかったです。スズコの煮付けも惣菜で売っていますが、すぐに売れ切れてしまいます。正月にも使いたいので、冷凍してとっています。
先日歌の件で学生時代のことを書きましたが、今週もテレビを見ていて、私が学生時代の事で長いこと知りたかったことがわかりました。火曜日なにげなくテレビを見ていて、温泉を紹介する番組で、中部地区のあまり有名な温泉ではないんですが、本当にひなびた温泉なんですが、ひょっとしてと思い見ていたら、やはりそうでした。私が一番最初に温泉旅館として泊まったところがで、最初気づいたのが、周辺の様子を見ていて見たことのある風景だなと思っていたら、一番の決め手は泊まった明くる日山が公園になっていて公園を散歩したことです。学生時代、一度も温泉という所に行ったことがなく、外国語のクラスの友人達に行こうかと誘われ、温泉というところ初めてだったので、こんなもんかとあまり興味がありませんでしたが、行った場所がわからず、どこだったんだろうかと思いながら長年過ごしていたんですが、やっとわかりました。今だったら私の祖先が出た所の近くなので、すごい興味があるんですが、その時はこれが温泉旅館かなんて過ごしました。最近行っている旅館に比べたら、学生だったからしかたがないなんて思っています。私が知りたかった温泉の場所は岐阜県瑞浪市にある鬼岩温泉でした。美濃焼があるぐらいで、歴史的には、土岐氏の発祥の近くで、明智光秀が活躍したところです。近くには犬山城や明治村や中山道などがあります。よく調べたら私の好きな妻篭の近くでした。知らないところに行くときはよく調べて行くべきですね。

(5月 26日掲載)



































































































才木商店へ