<今日の様子>
毎日梅雨空が続き気分まで、うっとしくなります。今年の7月の長期予報は気温は高いと言う事でしたが、日中もそんなに高くなく、朝晩が寒いぐらい。クーラーも何日か忘れるぐらいつけていません。普段でしたら夏祭りが始まる時期ですが、今年はどこの祭りも中止になり、季節感がありませんね。あっという間に7月も中半になり、暑くないからそうなのか知れないけれど、変化がないので寂しい感じがあります。
毎日夕方になると気になるのが、感染者の数。私の場合仕入れの関係で、兵庫県だけでなく、京丹後の方もおられるので、二つの府と県を見ています。兵庫県場合は発表が早いんですが、京都府の場合が、夕方に人数だけ発表になり、住んでいるところは夜の10時頃。典型的な事例があるんですが、兵庫県の場合は、3時頃には地域の発表もありだいたいわかるんですが、京都の保健所の管轄地がわからず、中丹地区と発表があり、あぁよかった関わりない地区でと思っていたら、今朝新聞を見たら、綾部の人で、仕事で、峰山にも行っていたと書いてあったので、びっくり。だんだん但馬に近づいているようです。但馬は〇人です。
今日の新聞に載っていたんですが、鳥取で姫路ナンバーのせいで、但馬の人がショッピングセンターの駐車場でいたずらされていると載っていましたが、私も何年か前鳥取砂丘の近くの池にスイレンの花の写真を撮りにいったとき、駐車禁止の所でもないのに車の下に丸木を入れられ、ひどい目に会いました。今GO to トラベルが計画されていますが、私の場合まだコロナなどないときの話。もうあれから行っていませんが、今は他府県ナンバーの車だったら、起こる可能性があります。GO to TravelがGO To Trouble。にならないように。税金を使って今することかな。感染を広げるようなものだと思います。やはり全国旅行協会会長二階さんが恐いのかな。恐いといえば、今は沖縄の市中感染が恐いです。駐留地ではたくさんの感染者が出ているというのに、治外法権で何が起きているか公開しないので。
(7月 16日掲載)






















クワガタ

普通なら、クワガタを見れば、もう夏休みと思いますが、今年はそんな気分になれません。修学旅行も行われず、よくわかりませんが、昨日から中学生午前だけ下校していたので、試験期かもしれませんが、先日新聞に一学期の通信簿はないと載っていましたが、まだ1ヶ月しか経っていないのに、かわいそうだな。特に一年生。三年生は。三年生は今年は修学旅行どうするんでしょうね。ホテルに入って全員が37.5℃以下だったらいいけれど、1人でも異常が出たら。対応に困ると思います。特に今回のキャンペーンでは感染症対応をしっかりとるといっていますが、家族旅行も同じです。キャンセルして帰るということにするんでしょうか。公共交通機関を使って。考えたら恐いですね。今度の連休は家でじっとしているのが正解のようですね。今度の豪雨でたくさんの方が被災されているということも考えてあげてね。自粛、自粛です。

(7月 16日掲載)




























キキョウ


先週はバイオレットのキキョウを紹介しましたが、今週は白いキキョウです。バイオレットのキキョウはよく見ますが、白いキキョウは珍しいです。うちの庭には毎年白いキキョウがいっぱい咲いていて、きれいです。昨年友人が、白いキキョウを見ていて、バイオレットのキキョウをあげると言われ咲いたのが先週の写真です。
天気予報では、来週も天気はよくならず梅雨明けはまだ先のようです。気温も今度の土、月は蒸し暑いようですが、あとは30℃以下のようです。、

                          

(7月 16日掲載)



















慶喜さんの兄さんの花押

同五子八月二十四日

一,       百々金之助へ今日御判物お渡しなされ候事

因幡・伯耆両国之内

高弐百弐拾石 目録 在別紙 事

令扶助之訖全

可知行者也
      嘉永五
     八月二十四日 慶徳
       百々金之助殿


NHKの来年の大河ドラマが慶喜様に決まりましたね。またまた私の祖先に関係ある人。三年前「西郷どんが行く」から祖先に関係ある人達が登場していますが、今度は15代将軍慶喜さん。池田家の12代の殿様は水戸家から養子に来られた、慶徳様。義理の兄さんらしいです。何年か前に親戚から、祖先たちのものが出てきたので見て欲しいと言われ、見に行ったら池田の三代目から十二代までの御判物があり、以前家譜を読んだとき、御判物ってなんだろうと思っていたら、それが見つかり驚きました。慶喜さんのお兄さんの花押もあり、あまり見られないので載せました。このページにはよく登場しますが。家譜の中には幕末、慶徳様に私のひい爺さんが京都に蛤御門の変などの時に視察に行って帰った時直接報告したという記録もあります。
先週と同じようなページになりましたがお許し下さい。左の写真が家譜の中にある御判物が渡されたと書かれた部分、右の写真は家譜に書かれていた御判物と殿様の花押です。
220石はどんな単位かというと、一石が一両。1人が1年で食べる米の消費量のようです。220石は一年間の220人分の米の消費量です。
養子や世帯主が幼少などなら、減額されたりします。
米は領地みたいな所が藩から与えられ、御判物の中に書かれている目録にその地名が書いてあり、そこにとりに行っていたようで、おばさんの話では以前から戦後も少しの期間ですが、お婆さんが米をとりに行っていたと聞きました。



(7月 16日掲載)