<今日の様子>
.寒くなり、毎日コロナ感染者が過去最高というニュースが兵庫県では出始め、2時頃発表になる数字を聞いて、但馬では出ていないだろうなと地区を見てまだ出ていないので、何とかホットしています。でもなんとかして欲しいですね。私の仕事は朝市場で仕入れることから始まるので、市場という場所柄密という事が避けられず、会話だけでもやめとこうということにしていますが、なかなか出来ずに困っています。今週はしぐれるの日が多く、暗い日が続いています。今日やっと晴れました。晴れると急に車が多くなり、他府県ナンバーも交じって紅葉を楽しみに来られているようです。いろんな所の紅葉がきれいです。
先週は中学、今週は小学校土曜たびに駐車場に車がたくさん止まっており、文化祭でも行われているようです。今年はいろんな行事が縮小され、寂しい限りです。
来週は何もないですが、日が短くなり、日が暮れるのは早くなり、5時近くなるともう薄暗く寒くなります。寒くってこたつが恋しくなります。

(11月12日)






















セコガニ

先週解禁になったセコガニです。たくさんの子を持っています。この蟹は内子と言って頭の中に赤いミソを持っていて、それがあっさりしてとてもおいしく、身もですが、それが食べたくって食べられ方もおられます。この蟹は資源保護のため12月いっぱいで、禁漁になります。松葉ガニは3月20日までです。
去年からセコガニは生の蟹を買ってきて、当店で湯がくようにしています。とてもおいしいと大好評です。今までは湯がいてあるものを買ってきて売っていましたが、塩辛い蟹や水くさい蟹があったり、漁師さんにより違うので、当店で湯がくと評判がいいので、そのようにしています。生の蟹を買うので、値段も大変お安くなっています。
松葉ガニですが、今年は浜坂の250万円が最高みたいでした。昨年500万円した鳥取は50万円だったようです。
柴山港の初競りでは、221万2010円が最高値。この蟹元プロボクシングの井岡さんにプレゼントされたそうです。偶然にも、当店でも京都と鹿児島と加古川にも注文で柴山港の初競りの蟹をお送りさせていただきました。
写真のせこ蟹の甲羅には黒斑点がついていますが、これは蟹ビルの卵で人間には害はありません。これが付いていると身がしっかりしていると言う事でいい蟹です。この黒い斑点があるないで蟹のよしあしの判断にも使われます。

(11月 12日掲載)




















紅葉

散歩中こんな素敵な紅葉に出会いました。大屋小学校のもみじと桜の紅葉。それに田んぼの水面に映されていました。一幅の絵を見るような気分でした。今年のもみじは急に寒くなったので、とてもきれいに色づいています。まるで嵐山や栂尾のもみじを思い出させるようなもみじの色です。今年は無理でも早くコロナがおさまり、来年はいろんな所の紅葉が楽しめたらいいのになんて思うことが多いです。今年は冬は寂しい冬になりそうなそんな気がします。

(11月 12日掲載)