<今日の様子>
今日は小雨が朝から降り、寒い1日でした。最高気温が18℃。一雨ごとに寒くなっていくという言葉を思い出しました。養父市の選挙も終わり、とても静かになりました。なんかこんなに静かだったんだと言うことがわかりました。現職が強く、30歳代という候補者もいましたが、注目していましたが、やはり難しかったようです。田舎の選挙は親戚選挙とよく言われますが、なんかそんな感じでした。今度の選挙は個人演説会もなく、街頭演説も数人しか聴かれず、選挙としてこれでいいのかなんて思いました。名前だけの選挙のようでした。コロナ禍の選挙だからしょうがないのかもしれません。ただいきすぎだろうと思ったのが、このコロナ禍の中、車を止めて近づいている候補者には驚きました。この時期、ソーシャルディスタンスと言う言葉もご存じなかったようです。立候補者ならこのぐらいの常識は持っていてほしいものです。前回の時は報道で知ったんですが、買収には驚きましたが、今回は今のところないようです。
今コロナは大学がクラスターが発生して大変のようですが、授業を再開すればこうなるのかと驚いています。そんな中、これは前政権の失策ですが、京産大の獣医学部を認可しなかったこと、大学の今取り組んでいることを考えると大変残念です。今京産大では、PCR検査を900円で受けられるらしく、安心して大学に行けます。全国の大学で、理工学部のある所だったら装置はあるそうなので、この検査方式が広がって授業を再開して、来年の新入生を迎えてもらいたいものです。来月はもう推薦入試が始まりますが、今の高校3年生はかわいそうです。試験だけに集中出来ないのですから。私達の受験の時も、全国の学園闘争で入試が中止になるのではと心配でした。東大だけが中止になりました。
来週で10月もあと1週間、豊岡道も11月1日但馬空港まで開通。26日から開通までは夜間は通行止めになるようです。この開通でどう変わるか今度は江原が通過地点になると思います。
(10月22日)






















ドングリ

今年はいろんな所でクマの出現が問題になっています。こちらではそう多くないんですが、でも年々増えてきています。原因のひとつに今年はドングリが大凶作という事も聞きます。私はドングリと言えば、やはり気になるのがおしどり。ここ数年大屋川ではおしどりを見ていません。私はこの鳥を初めて大屋川で見たとき、大感激を受けました。で姿が現れるまで何時間も車の中で待ったこともありました。写真を撮ろうと思うと、見つかるとすぐに逃げてしまう鳥なので、写真を撮るのは難しい鳥です。でこの鳥もドングリがエサなので、今年は飛んでくるか心配です。なんとか飛んできてほしいものと願っています。
大屋富士の麓でも親子の熊がいたという目撃した人がいるので注意して下さい。


(10月 22日掲載)




















いわし雲

今週は久しぶりに何日か秋晴れになり、こんな鰯雲を見ました。とてもきれいでした。山も紅葉が始まり、よく見ると赤くなっているところが目立ちはじめました。朝晩も寒くなり、日中も陽が恋しくなりました。夕方になるとこたつが恋しくなります。今黒豆の枝豆が食べられるようになり、今毎日のように食べているから、腹の調子が悪くなり、好きなものですから、ついつい食べ過ぎてしまい、私自身大豆系が好きなわりに胃腸が弱くなりました。若い頃は何を食べてもへいきでしたが。食欲の秋。魚もおいしくなり、いろんな魚が入ってきています。先日ノドグロを塩して焼いて食べたら大変美味しかったです。赤ガレイの煮付け、サバも脂がのってきて、皮の下が最高に美味しいです。
果物もブドウも終わり、新興梨の入荷が始まり、毎朝フルーツを食べていますが、ブドウから柿に変わってきました。バナナだけは毎日食べています。新生姜の酢漬けも大変美味しく、白菜もおいしくなりました。松茸は去年は不作でしたが、今年は多かったです。高価だけになかなか口に入りません。私は今頃になって豊岡のキュウリがおいしいのに気がつきました。生産者にもよりますが。本当に甘いです。もし食べる機会がありましたらぜひご賞味下さい。私の好きな食べ方はもろきゅうで食べることです。カボチャもいろんな品種が出来大変美味しくなりました。栗もおいしいんですが、栗よりおいしいカボチャもあります。

(10月 22日掲載)