<今日の様子>
先週もでしたが、今週も朝4時30分の気温7℃。帰りカーナビをみたら19℃。3時間でこんなに気温が違ったら、体がついて行きません。今週はもう真夏日。暑い日がつづきましたが、火曜日やっと空気が変わったのか、平年並みに戻りました。火曜日、大屋小学校4年生が、飛行機乗車体験。へぇそんな体験をしているのかと感心しました。人数が少ないから出来るんでしょうね。当日雨が降って豊岡に降りられるかどうかわからないという放送がありましたが、なんとか降りられたようでよかったです。子どもがこちらに飛行機で帰ってきたとき、豊岡に降りられずに、Uターンして帰って行き、特急で帰ってきたという経験をしているだけに、降りられればいいのになんて思います。但馬空港市場に行くときいつも通りますが、霧がかかったらどうしょうもありませんからね。もう亡くなられましたが、浜公という政治屋がいましたが、講演会で八鹿に来られたとき、飛行機が来られる予定が来られず、汽車で来た様ですが、飛行機の飛べない空港なんて空港とは呼べないと怒っていました。大分昔のことなのに、なぜか思い出しました。
5月ももう終わりですね。いよいよ鮎の解禁ですが、今年も川の水が少なく上から見る限り鮎はいません。いても大きくなっていなくて、どう料理するのか。背越しぐらいかなんてみていました。昔のトビウオの刺し身と同じで、骨がじゃまになって食べにくいです。毎年書くんですが、今年も寂しい鮎の解禁になりそうです。昔は遡上してくる鮎もいましたが、それもなく、鮎釣りのメッカと呼ばれた頃が懐かしいです。



(5月 30日掲載)




















スズコ御飯 

今日はスズコ御飯を炊きました。毎年1回必ず炊いて販売するんですが、昨日炊きましたが、あっという間に売れ切れになってしまいました。東北地区にはあると思いますが、大屋ではこれを売っているのは、当店だけだと思います。今年はスズコが少ないので、炊けるか心配したんですが、御飯にする分だけは確保できたようです。このへんでは味を付けて炊くことしかしませんが、御飯まではしません。一昨日は、今年初めて空豆の御飯を食べ、毎日ご馳走がつづきます。

(5月 30日掲載)

























山椒の佃煮
山椒は小粒でぴっりと辛いとよく言われますが、本当に辛いですね。でもアクをぬくと食べやすくなり、食が進みます。この時期はヤマブキの佃煮も出来食が進むものばかりで困ります。風呂を入ったあとは必ず、体重計にのり、体重管理するのも大変です。でもここ2年ほど増えもせず、維持をしています。
山椒はいろんなものに合いますが、ちらし寿司に入れると最高です。またうなぎ丼に入れればこれも最高。私ところでは、山椒、新生姜を酢漬け、など冷凍して食べたいときにだ解凍して食べます。山椒も若いうちにとった方が口に残らず、おいしいです。朝倉山椒とよく言われるけど、なぜ言われるんでしょうね。朝倉家が朝倉山椒を天皇に献上したからとか、八木城の下に大きな山椒の木があり、それを朝倉山椒とよぶようになったといろいろと諸説ありますが、よくわかりません。私のDNAは朝倉なんですが。若い頃はあまり好きではなかったんですが、今頃になってやっと食べる様になりました。
(5月30日掲載)
































氷ノ山

今週の氷ノ山は、雪はとけ、少し寂しい氷ノ山になりました。先日同年配の車に乗った女の人から、大屋から登れる氷ノ山の道はどこですかと聞かれ、本当に登られるのだろうかと心配になりました。スズコをとりに来られたのかもしれませんが、よく迷子になられる方がおられるので、注意して登って下さいね。といって道をお教えしたんですが、私達年代ではちょっときついかもしれませんね。
私みたいに氷ノ山好きな人間でも見るだけが好きで登るのは、躊躇します。
5月一杯で山陰の底引きも終わり、9月まで紅ガニやカレイ、ハタハタ、などが獲れなくなり、魚が少なくなります。夏になってイサキみたいにおいしくなる魚もありますが、そんな魚は少なくなり、暑いからおいしいハモなどか主流になります。昔は天然の鮎もたくさん獲れていましたが、ここ数年天然の鮎も見なくなりました。早く暑くなったので、キュウリなどの夏野菜が大変安いです。私ところでは、レッドオニオンがたくさん採れ、毎日サラダで食べています。血液がさらさらになっていいそうです。体にいいというもは積極的に食べています。新鮮でおいしいです。また豊岡のトマト、リンカやキュウリも入荷になりおいしいサラダが出来ます。
(5月30日掲載)