大屋富士

大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。


<今日の様子>
9月に入り、天気の日が少ないような気がします。今年は毎月台風が来て、今度週末も予報では来そうな気配です。毎月大きな台風が来て、いやになりますね。大きさもコースも昨年の18号ににているようで、どんな台風だったか考えましたが、ただ雨がたくさん降ったなと言う印象しかありません。こんな時役立つのは今日の情報。避難勧告が出たけれど被害はなかったようです。前回の台風は大屋の方はそうでもなかったんですが、大阪の被害が大きく、なんとかそれてくれないかなと願っています。今年は災害が多く、今までこんな年ってあったかなと思い記憶をたどりますが、なかなか思い当たりません。また7月の大雨から山陰線の福知山~和田山間が止まることが多く、昔は鉄道止まることがなかったので、すこしぐらいな雨なら出かけられたんですが、今は出かけるのに躊躇してしまいます。JRの利用者も少ないということなんでしょうか。多ければ無理をしても通すと思います。
9月もあっという間に終わり、来週はもう10月、秋祭りですが、もう今週末から、祭りがあります。昔は日にちにで祭りを決めていましたが、今は日曜日にするところばかりなので、神主さんの都合で早められているそうです。26日富士山は初冠雪。富士山は去年より27日早く平年より4日早いそうです。火曜日気象庁から、今年の冬の予報が発表されましたが、エルニーニョ現象で暖冬らしいですが、大雪になる日があるということ。いつだったか、エルニーニョなのになんでこんな大雪になるんだと思ったことがありました。歳をとると雪かきをしなければいけないので、あまり雪はいりません。雪国の悩みです。腰に湿布しながら雪かきをするのは、苦痛です。何か暗い話ばかりになりましたが、今週はいろいろとあり、更新する気になれず内容も乏しいと思いますが、許して下さい。
昨年18号の時の大屋の雨量です。9月17日でした。風速は、大屋は解らずで和田山では最大で、10.1㍍でした。

時間  ㍉ 
17  6.5 
18 17.0
19 22.0
20 35.0
21 49.5
22 18.0
23 8.0







(9月 27日掲載)









赤くなってきた葉っぱ

もう山は紅葉が始まっています。来月末には氷ノ山、全体が紅葉して大変きれいになります。聞きかじりですが、猛暑の年の方が、紅葉はきれいだそうです。今年は気象条件が悪く、山がかなり荒れているので、今のところどうかという疑問があります。学校も運動会はすべて終わったようで、今度は文化祭にむかって準備が大変だと思います。来週はノーベル賞の発表ですね。今年は何人の日本人受賞者が出るんでしょうね。去年は残念ながら1人もいなかっただけに、期待がかかりますが、先日も新聞には何人かの方が発表されていましたが、今年もとられるといいですね。来週は6時40分頃からインターネットを見ながら、発表を見ます。私的には、毎年の行事になっています。名前の知っている人が受賞されると自分のことのようにうれしくなります。
ノーベル賞の受賞で株が上がるらしいですが、不謹慎ですがいろんな関係があって、私的にはNECと旭化成に期待しています。
ノーベル賞なんて遠い世界の話だと思っていましたが、とても身近になってきました。

(9月 27日掲載)

























ドングリ
名前はよく知っておられると思いますが、実際なっている所をのは見たことが無いという人がほとんどだと思います。私もそんな一人です。さて今週は先週紹介した、住民1人当たりの所得を表にしてみました。貧富の格差があるとよく聞きますが、その通りだなと思います。日本でベスト10はほとんどが東京が占め、2016年度1位は東京港区1115.1万円2位は千代田区の944.5万円3位はびっくりしますが、北海道の猿払村ホタテ貝の水揚げで有名な村です。813.7万はすごいです。養父市や近隣市、大阪、名古屋、東京江戸川区など比較していただくため、掲載しました。資料は日経新聞の9月16日に発表されたものです。年度は数字の変動が多い年を選んでいます。過疎地の経済はどんどんパイが小さくなっていることがよくわかります。所得増がインフレ目標数になっているし、年金暮らしの人には社会保障費の負担増になっていると言う事がよくわかります。
東京の港区どんな人が住んでいるか知りたいですね。








(9月27日掲載)








養父市の人口増減と一人当たりの所得増減近隣市と主都市の比較(参考資料 日本経済新聞、養父市ホームページ)(単位:万円)
養父市人口 高齢者率単位(%) 養父市 豊岡市 朝来市 大阪市 名古屋市 東京(江戸川) 経済の動向
1975 124.6 132.1 126.8 159.2 171.4 165.5
1987 223.9 232.8 225.1 286.6 324.5 311.8 ブラックマンデー
1990 32,092 21.6 267.8 287 275.8 379.3 416.6 389.3 バブル崩壊
1991 290.7 306.9 294.6 369.4 432.4 400.4 景気後退期
1995 31,280 25.8 305 315.3 318.5 356.3 401.4 380.1 阪神大震災
1996 312.6 320.9 349.5 364.6 408.6 384.1 景気拡張期
1999 320 317.7 328.1 351.6 397.4 376.8 景気後退期
2000 30,110 29.2 310.3 318.2 324 351.5 397.4 378.5 景気拡張期
2005 28,306 30.9 280 280.3 284.7 329.2 383.9 364.2 景気拡張期
2008 267.3 267.9 277.8 327 386 361.9 リーマンショック
2010 26,535 32.5 256 260.9 265.2 312.8 366 346.2 景気拡張期
2011 254.4 258.1 264.3 314.8 367.5 346.9 東日本大震災
2012 254.9 256.9 261.6 315.3 378 346.3 景気後退期
2015 24,842 35.6 259.7 260.5 262.6 329 392.9 357.3 景気拡張期
2016 260.5 261.9 262.4 331.7 393.9 357.8 景気拡張期







氷ノ山


今回はこんな氷ノ山しか撮れませんでした。今週も秋空特有のあのよく澄んだ青空はでませんでした。
上の表見て、養父市って下から何番目だろうと思いながら眺めていました。猿払村がうらやましくなりました。農業特区ではどうすることも出来ないなと人口もあと10年もすると2万人割ることになるんだなと思いました。面積は広いんですが、機能と規模は町程度規模しかないなと思いました。私達の責任なんでしょうか。いや合併に賛成した当時の町長や議員達それを選んだ住民にも責任があります。一番大切なことなのに合併には、はっきり態度表明しなかった候補者もいました。私はこのページで、合併には反対を表明しました。このページを読んでいる方から、励ましのメールもいただきました。そして私は仕事もあるし、町が合併するとき町に関係するある団体の長もしていて、その団体に迷惑をかけるので断りましたが、いろいろ方に要請を受けました。でもその団体市に合併して私はやめましたが、今考えると私が役員をしていた頃、世界的なトランペット演奏者のJump to search 日野 皓正さんや、フォークルセダズの2番目のレコード。1968年発売なる前に発売中止になって、大屋でコンサートする1年前に、34年ぶりに「イムジン河」が発売され、いろんなマスメディアで話題になっていて、本当に来ていただけるのか心配したんですが、何年か前亡くなられましたが、フォクルセダーズのはしだのりひこさん、大屋で歌われた「イムジン河」すごい迫力で今でも耳に残っています。シモンズの田中ユミさん、ピンクピクルスの茶木みや子さん、今関西落語協会の会長の笑福亭仁智さん、などその道の好きな人ならびっくりするような人達が、大屋に来てくれ、フォークを歌っていただいたりり、演奏していただいたり、落語していただいたり、またカラオケ大会でも演奏は生のバンドを使ったり、カラオケ大会にはゲストで演歌の歌手に来ていただいたり、また兵庫県で活動される劇団の方達にも来ていただいて劇をしていただいたり、とても活発に会を運営をしていました。大屋の住民の方はもとより但馬の人達にも喜んでいただきました。
30日沖縄県の知事選。台風のせいで、行けない人が出るのではと心配しています。固定票や組織票を持っているところが有利のような気がします。ある評論家が言っていましたが、今回の選挙期日前投票のあり方には、問題があると。昔の選挙みたいに、建設業界の締め付けがきつく、私も以前から思っていたんですが、宗教団体の期日前投票の行動にも疑問を持つと言われていました。公正な選挙が出来ればいいんですが。
10月もう台風はいいですが、近いうちにまた発生しそうな気配ですね。
(9月20日掲載)