大屋富士

大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。


<今日の様子>
5月も今日が最後。本当に暑い5月でした。あっという間に5月も終わり、この5月はなんだったんだろうと思いながら、過ごしています。ガソリンがとても高くなりましたね。また輸送費が上がり、商品の中に運賃もかかるものもあり、それを価格に転嫁出来るぐらいの値上がりだったらいいんですが、それを上回り、販売をするのを中止しました。またこれから通信販売も、運賃が上がっているので、利用者が減るのではないか心配です。
来年消費税が上がるので、政党によってはいろいろと対策をだされていますが、、低年金者に配る給付金の前倒しなんて選挙対策。消費税を上げるななんて言いたくなります。財政再建なんて、政治家の頭にはないようです。階層によっては上がって対策を受けた方がいいような政策もあります。来年の参議院選が楽しみです。
新聞によると、養父市ではタブレットで医者に診断してもらい、薬局にもタブレットで薬を出してもらうようですが、年寄りに使えますかね。利用者が使えなかったらどうしょうもないんですからね。頭で考えるのは簡単ですが、整備にお金をかけても宝の持ち腐れにならないようにしてもらいたいものです。和歌山市みたいにコンビニで住民票とれるようにしたんですが、市の負担金が一通7000円もかかるなんて事にならないように。タブレットって慣れるまで、結構時間が必要です。
ガン治療って、すごい進んでいますね。基本はやはり早期発見みたいです。検診を受け、早くみつけて下さいね。最近かかった先生の話。ちゃんと調べたら、なんか病気は見つかります。早くみつけて下さい。この時期は検診が多いので、こんな話題も多いです。元気で過ごして下さいね。


(5月 31日掲載)





















桑の実

桑の実です。この実バイオレット色になると甘くなります。桑の木の近くを歩くと鳥たちが実を道に落とし、あぁもう食べられるようになっていると思い、桑を見るとバイオレット色になっていました。
赤とんぼの中にも
山の畑の桑の実を 小かごに摘んだはまぼろしか
と歌われ、桑畑はたくさんありましたが、今は少なく、実など見たことのない人の方が多いのではなんて思います。


(5月 31日掲載)



















グミ
グミです。すごいことなっています。昔はどの家庭にも植えられ、この時期になるとおやつ代わりに食べていました。私の家にも裏に大きなぐみの木がありそうけ(竹で編んだ大きな入れ物)を持って、採りに行きました。私の家に私が小さい頃、グミを取ったときの家族全員で撮った写真があり、みんな面白い顔をしていました。いつ見ても笑えてきます。当時は従業員や母が体が弱かったので、お手伝いさんがおられ、昔は結構ゆとりがあったんだなと思います。今では考えられないことです。やはり人口ですね。一家族7人なんてざらにありましたから。
(5月 31日掲載)























氷ノ山


今週の氷ノ山は、こんな天気の日が多く、今週の中でもよく撮れたと思います。今朝7時頃豊岡は雷が鳴り、運転していても恐いぐらい。雨も激しくなり、豊岡道に乗り帰りましたが、養父市に入ると雨が上がり、道路を見ても降った形跡もありませんでした。大屋につきしばらくしたら雷が鳴り始め雨が降りましたがすぐ止みました。今年は季節が早いから、梅雨入りも早く発表されるのではと思っていましたが、今日は発表されませんでした。ぼつぼつ、アジサイも咲きはじめているアジサイもありました。
明日から、鮎の解禁になりますが、川を見ると鮎いないですね。年々少なくなるようです。ですから都会から鮎釣りに来る人が少なくなりました。大屋は鮎釣りのメッカと言われたときもありましたが。当時は解禁の前の日から、場所取りされるぐらいにぎわっていました。
明日から6月になりますね。今年ももう半分終わりますね。
(5月 31日掲載)