大屋富士

大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。


<今日の様子>
今年も最後の更新になりました。1年間たくさんの方にアクセスしていただき、本当に有難うございました。今年もいろいろと試行錯誤しながらホームページを更新してきましたが、このページが従来通り変わることがなかったですが、今日の情報はより身近なホームページになってきました。大屋の気象情報がこんなに詳細にわかるように出来るようになりました。これもiPhoneとウェザーニュースの端末機のお陰です。
今年はいろいろと災害の多い年でした。夏の高温や台風の上陸する数の多さには閉口しました。また地震も各地に起きました。
先週2023年からインボイス方式になったら、中小企業の業者が商売できなくなると掲載しましたが、やっといろんな所で言われるようになりましたね。
零細企業は、インボイスを発行できるようにレジなどを変えなければ、商売が出来なくなります。どっかの大臣じゃないけれど、大臣でも出来ないインターネットやコンピューターを使えなかったら、23年からは商売することは出来なくなります。マイカードで個人が管理されると批判がありましたが、今度はインボイス方式で、経済を管理するということですね。今年になって老舗というところがかなり閉店していっていると聞きますが、来年は軽減税率などのレジ問題でもっと増え、2023年には人口減と同時にこの問題で、田舎の店はかなりなくなると思います。地方自治体は買い物難民対策を真剣に取り組まなければいけない事態になると思います。
前回5%から8%に消費税を上げる時身を切ると言いながら、参議員を増やしたり、プライムバランスを黒字化すると言いながら予算は101兆円も越えるし、あの時の公約はなんだったんでしょうかね。理想だったんですかね。
来年は国民に寄り添った政治になって欲しいものです。
正月らしい話題にして締めくくりたいですね。私ところでは30年前は年末になるとカルタとりをしていました。カルタとりといっても百人一首。小学校1年の子どもがとても早くとっていました。4年のお兄ちゃんと最初は歯が立たなかったですが、日が経つにつれて早くなり、いい勝負をし子ども達を見守る大人はただ見ているだけ。ぜんぜんとれませんでした。「た」と読むと、「富士の高嶺に雪は降りつつ」と言うカルタをとってしまうのですから、どうして憶えるんだろうと思うぐらい本当に早かったです。読み手は母でしたが、どんなに機嫌が悪くても、この時だけは楽しそうに孫達の成長する姿をうれしそうに眺めていました。年月が流れるのは早いもので、今度は私達が、成長する孫の姿を眺めています。孫達のためにも、作られたJapanではなく、伸び行くJapanであって欲しいものです。しかし税金や健康保険を払わない県会議員の兵庫県民もですが、英語が出来ないから総理大臣目指すのを止めたと言った大臣。よくそんな人たちを国会議員や県会議員に選んだなと思いたくなります。今は人物と言うより、党で選ぶ選挙にもなっており、こんな人達をよく公認したなと思います。
(12月 20日掲載)










柚子とカボチャ ふろふき大根 冬至の料理にいかがですか?



22日は冬至ですね。冬至の日には「ん」のつくものを食べると運を呼び込めるらしく、なんきんなどが食べられるそうです。ゆず湯に入るのは運をよぶこむ前のみそぎだそうです。ナンキンは夏の食べもので、大根でもいいと思いますが、ナンキンが一般的ですね。今の時期は国産のものはまずく、今はメキシコを初め海外からとてもおいしいナンキンが入ってきていて、この時期でもおいしく食べられます。品種によっては、日本のナンキンよりおいしい物があります。当店でもとてもおいしいナンキンを当日焚いて出します。御利用下さい。今年は柚子がたくさん出来ていて、聖護院大根に柚子味噌をかけとてもおいしいふろふき大根が出来上がっています。柚子をジャムにして、それを味噌に合わせているので、いくらでも食べられます。冬至の料理には最適です。大根は白いですが、しっかり味がしみています。これがプロの味です。今年は聖護院大根は大変お安く売っています。
今年は柚子が豊作ですから、1年分以上のジャムが出来ました。またこの柚子を利用してポン酢が大変うまく出来、たらちりや魚スキ、湯豆腐などにしたら最高の鍋が出来上がります。もちろんおせち料理の編み笠柚子も大変美味しいです。もちろん風呂に入れても、体が温まります。他の入浴剤より最高です。

(12月 20日掲載)


















雪道

先週金曜日、但馬地区初めて積雪が観察されました。氷ノ山を中心に降ったようで、但馬では村岡地区が10㌢近く積もっていたのと、戸倉も10㌢近く積もっていました。スキー場もオープンしましたが、すぐとけ、日曜日には人工雪しかなかったようです。
昨日晴れたので、今年最後の氷ノ山を撮りに出かけましたが、途中はこんな状態でした。車のあまり通らない道はまだ雪がありました。雪の解けたところは氷が張ってよくすべる状態でした。1月上旬まではいけると思いますが、それ以降はいけなくなり、雪が解ける3月中旬まで氷ノ山の撮影は無理です。今年は暖冬ということですが、どうなるか解りません。










(12月20日掲載)










氷ノ山


なんとか今週号も載せることが出来ました。今年最後ですから、昨日も高い山では雪が降っており、今週大丈夫かなと思っていたんですが、なんとか掲載出来ました。
先週クリスマスプレゼントのこと書きましたが、私の頃はクリスマスプレゼントに小学生何年生という雑誌をもらい付録がよかったのでうれしかったという話題を書きましたが、数日してニュースで今のベストセラーは「幼稚園」と言う雑誌で、付録がいいということが話題になっていましたが、60年以上も経っているのに、今も昔も変わらないようですね。
更新も最後になりました。大屋の情報は今週で、今日の情報は26日まで更新します。来年は、今日の情報は7日から、大屋の情報は10日から更新します。年末の大屋の天気予報は、27日28日から雪マークが出ていて、特に28日は今シーズン最強の寒波になることもあるらくし、交通機関が乱が発生する事も考えられ、こちらに帰られる方は注意してお帰り下さい。来年もよろしくお願います。いい年をお迎え下さい。
(12月20日掲載)