大屋富士

大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。


<今日の様子>
11月も最後の更新になりました。月日の経つのも早いもので驚いています。来週は平成最後の年末ですね。平成は1989年の1月8日から始まったので、最後の年末になりました。30年前って何をしていたのかなと思いますね。1987年に明延鉱山が閉鉱になり、どうして大屋を存続させるんだろうと誰もが真剣に考えていました。でもたくさんの方が大屋から出て行かれました。大屋市場もその影響を受けどんどん人が少なくなり、お店もどんどんやめられ、今は一般の家も亡くなられる家が増え、空き屋も増え消費税が上がる前に家を崩すところが増え、大工さんも家の崩されるところが増え、建てるところはないと嘆いておられました。元年の頃は小学生もたくさんおられましたが、今は学校に通学する姿もあまり見られなくなりました。平成2年の大屋町人口は5137人、今年4月3531人1600人も減り、高齢化率も42㌫で養父市では一番高くなっており、人口も今は関宮より少なくなっています。2023年頃には3000人をきるらしく、大屋にとっていい予想がありません。私のところは大屋市場の真ん中ですが、区単位の高齢化率は43.96%ですが、私の家の周りの区の割り当て区域の高齢化率は82%。信じられないぐらいです。行事すら出来ないような状態です。長になる人が大変です。
そんな悲しい数字を並べても、どんどん落ち込んでいくので、明るい話を。万博2025年決まりましたね。1970年大阪で行われたとき、一番の話題は、月の石でしたね。私はその時大学生でしたが、電電公社で今の携帯電話みたいな原型を見ましたが、その時は大きな電話器で線がないので、今で言うワイアレスみたいなもので話しているのには驚きました。月の石は何時間も待たされるのでその時は見ませんでしたが、何十年後に子ども達と九州旅行に行ったとき、北九州のスペースワールドで見ました。先週新聞でスペースワールドの取り崩しが始まったという記事を読んだとき、大変懐かしく当時のことを思い出しました。その時びっくりしたのが、日曜日だったということもあり、たくさんの家族連れが来られていました。館内の見学を終え、広場に行ったとき、聞こえてくる会話が日本語ではないのです。へぇこの人達まさか韓国の人。こんなにたくさんの人達が北九州に来られているとは思いませんでした。その当時韓国の人達が北九州に観光に来られているという報道は見ませんでした。2025年の万博はどんな新しいものが紹介されるか楽しみです。大阪や関西が元気になってくれればそれだけでもいいです。一昨日速報で、戦闘機を一兆円で購入なんて流れていましたが、2度と戦争はしないようにしていただきたいです。国会で審議すれば長くなるので打ち切る、詳細は省令で決める、なんて今まで聞いたことのないような話が流れてくるのは残念です。長期政権のおごりですかね。何のための国会ですかね。立法府もいらないような発言です。
12月に入り気ぜわしくなりますが、まだインフルエンザが流行っているとは聞きませんが、最後の月です。健康に注意してお過ごしください。

(11月 29日掲載)










氷ノ山山頂付近の初雪

23日夜気温が下がり、天気予報では雨だったので、山は雪になるだろう。24日の朝は雪が降った氷ノ山が見られるだろうと予想していましたが、予想が当たり、20日が初冠雪だったようですが、私的には初冠雪。また関東ではまだのようですが、22日関西では木枯らし1号が吹いたようです。昨年が10月30日だったので、23日も遅いようです。今年は気象では記録的なことが続いていますが、関東には39年ぶりに木枯らしは吹かないということ。
先週は桜を載せ今週は氷ノ山の雪を載せ、ホームページも季節が解らなくなってきます。で今日も散歩の途中、梅の木があるもので見たら、つぼみが出ていました。このままだと梅の開花は早いかもしれませんね。この日雪が降っていた山は、氷ノ山、鉢伏、東鉢、扇ノ山、妙見山には降っていましたが、大屋町にある藤無山、須留ヶ峰には降っていませんでした。氷ノ山より南の山には降らなかったようです。12月には、だんだん下がって降ってくるんでしょうね。
今年は大変きれいな山の雪見が出来ました。

(11月 29日掲載)



















黄色いジュウタン

毎年紹介しますが、加保のお宮さんの境内が、イチョウの葉が落ち、黄色いジュウタンになっています。毎年ですが、この時期とてもきれいです。やっとカメムシも少なくなり、寒くなってきているんでしょうが、例年より暖かく、月曜日なんか冬の服で、散歩していると体中汗がで下着のシャツを替えました。この時期になるとテレビ番組で健康の番組があり、お店も影響を受け、今日はチョコレートがよく売れたとか、今日はアマニ油、ア-モンドがよく売れたとか言っています。私もですが何年か前テレビの番組を見ていて、お医者さんが勧めていたので、アマニ油と大根おろしをヨーグルトに入れて食べていますが、散歩も大阪にいた頃のように早足で歩き、その効果もあって血液検査もよく、なによりも体重が30代の頃のようになりました。ほぼ10キロ以上ダイェット出来ました。アマニ油はたくさん採ったら副作用があるので、1日小さじ1パイ毎日飲んだらいいそうです。野菜もよく食べるようになり、サラダをよく食べ、夏もですが、今の時期丹後の方から来るトマトが大変甘くおいしいと言うことを知りました。この時期なんでトマトがこんなに美味しいのと驚いています。うちでは、夏まで食べるトマトを冷凍します。冬の暖かいスープを作るときに使います。野菜も食べ魚も食べ体にいいものをよく食べています。紹介したかもしれませんが、今こちらでは赤ガレイが旬を迎えています。煮付けやフライ、南蛮漬け、新鮮なものは、刺し身に使われるらしいですが、私の好きな食べ方は煮付けです。梅干しと一緒に炊いたら身がふっくらと焚け、魚の臭みがとれ、大変高級な煮付けが出来上がります。ぜひ一度お試し下さい。アマニ油を知りたい方は、NHKの「ためしてガッテン」の21日放送分のホームページを御覧下さい。






(11月29日掲載)










氷ノ山


とてもきれいな氷ノ山が撮れました。私がお勧めする写真のひとつです。紅葉と雪のコラボレーションとてもきれいです。ぜいたく言うなら、何年か前に撮りましたが、紅葉に上に雪がのったらもっときれいな写真になりましたが、氷ノ山の写真集に載せています。今日の情報にも同じ時撮った写真を載せていますので、そちらの写真は大きくなるので一度御覧下さい。撮った本人が言うのも何ですが、とてもきれいです。桜の写真もですが、きれいな写真を掲載したとき海外からアクセスしていただくことが多く、先々週の桜、今週の雪も昨日モスクワから信じられないぐらいのアクセスをいただきました。ホームページを書いているものとしたら国内もですが、海外からアクセスしていただいていることがわかりうれしいです。
今朝は大屋は7℃。豊岡は11℃。豊岡に着くと暑く感じびっくりしました。豊岡の市場は野菜と魚が30分遅れで同時セリ。欲しいものがあれば100㍍以上あるセリ場をダッシュで移動。厚い冬服では、汗をかきました。明日からの週末寒そうですが、来週も暖かくなりそうです。12月とは思えないですね。いつもならこの時期、北風が吹くと寒いと感じるんですが、昨日なんか気持ちがいいなんて感じるんですから。今年は北風の強い日が少なく、シケの日がなく、松葉ガニの雄がたくさん採れています。12月中旬になると歳暮などで高くなります。カニを食べるなら、来週がチャンスかもしれませんね。
(11月29日掲載)