大屋富士

大屋出身の方には、大変懐かしい山だと思います。通称大屋富士です。けして高い山ではありませんが、大屋の中心部にあり、山の格好から、大屋富士と呼ばれてます。町民のみなさんに愛されている山です。大屋小学校の校歌に「夢と希望 だきしめて 行けばあふれるこの元気 春には登ろう大屋富士 夏には泳ぐ大屋川」と現在でも歌い続けています。当方昭和38年3月卒 この山を見ていただければ大屋の山の様子が解っていただけるのではないかと思います。更改の度にこの山の写真も更改していきます。


<今日の様子>
9月も最終週になりました。今年もあと3ヶ月早いですね。先日病院に行き、次の予約は12月と言われ驚きましたが、自分では感じていなかったんですが、今年もこれで終わりと言うこと近づいているようです。今年は何をしたか、なんて考えさせられますが、なにもしていないのに驚いています。まあ一年家族全員元気で暮らせたのが一番です。去年の末新しい家族が出来、お陰で、世の中の進歩か私が想像するより早いと言う事がわかりました。
特に通信関係の進歩が早いですね。外国にいても簡単に映像が送られてきたり、毎日のように映像を送ってくれるものですから、そばに暮らしているような感覚になります。昔だったら、プリントして渡していたんですから、今はその手間も、時間も少なくなりました。
今週末大屋ではもう秋祭りが始まります。今年も豊作で、たくさんの米が獲れ、いい祭りになりそうです。祭りだと言っても昔みたいにご馳走をしなくなったようです。普段食べているからと言うことと、親戚を呼んで御飯を食べなくなりました。
今年もたくさんの方から当店の20世紀梨を注文して戴き、有難うございました。お金を振込をしていただいて、御礼のメールをお出ししたら、大変立派な、美味しい梨を送っていただき有難うございました。と丁寧に御礼のメールをいただき、本当にありがたいです。皆さんから感謝されたら、本当にうれしいです。また来年も頑張ってお送りしたいと思っています。私も今毎日朝のフルーツに梨とトマトが出てきますが、とても美味しいです。今日やっと久美浜の美味しいトマトが入荷してきました。秋はこのトマトが最高です。
昨日アワビ御飯をしたら、あっという間に売れ切れました。低価格で売っていると言う事をおわかりの方が多く、季節ごとに変わった御飯を炊いています。今日初めて地物の新生姜が入荷していましたが、私の好きな御飯の中に、新生姜御飯があります。体もぬくもりとても美味しいです。今年初めて食べ好きになりました。生姜はひざいた防止にいいと聞き、一年中酢漬けにして食べています。秋にはいろいろと美味しい御飯が出てきます。御飯関係は、水曜日に作ります。注目して下さい。
今年は注目されている、海藻にアカモクという海藻がありますが、花粉症に効くという報道があり、それを御覧になられたお客様から、アカモクっ言う海藻手に入らないということで、漁師さんに聞き、ちょうど3月だったので、5月過ぎたらダメだけど今だったらと言うことで試しにとって戴きました。佃煮にしたら、美味しく食べられ、山椒入れたら大変美味しかったです。またいつか使おうと冷凍していたんですが、7月頃佃煮にしてお客さんの中に、この佃煮美味しいと、言われるお客さんもおられ、定着することが出来ました。火曜日のテレビを見てびっくり。内臓脂肪にもいいそうですね。来年はすこし多めに、冷凍しょうと思います。美味しいものを食べて病気が治るなら、そんな楽なことありません。

(9月 28日掲載)





















キンモクセイ


今この木の周辺に近づくととてもいい匂いがして、秋が来たんだなと思います。今が盛りなんでしょうね。でも香りがきついので、長くかいでいると気分が悪くなる人もおられると思います。私もその一人なんですが。
来週からは10月。日本は選挙の話題でいっぱいですが、ノーベル賞の発表ですね。今年はどなたがとられるんでしょうかね。物理賞、化学賞、文学賞あたりが日本人の対象でしょうか。
今年は村上春樹さんがあまりいわれないですが、以前大学の関係者に、今年はある先生ノーベル賞いわれないけれどと聞くと、騒がれないときの方が候補者なんやでと聞き、その年にその先生は受賞されました。今年はチャンスかもしれませんね。でももし今年とられたら、すこしかわいそうですね。たぶん報道は選挙一色だから。もうそろそろ、カーボンナノチューブが対象になってもいい頃なんですが。
右の写真のノーベル賞のメダルは、チョコレートです。益川さんが、受賞されたとき大学関係者に記念に配られた物です。私がこのチョコレート持っていたことも不思議ですが。
私の学生の頃ノーベル賞の受賞者は、湯川博士一人でしたが、今は本当に多くなりました。23人も。でも1人だけは納得いきませんが。何であんな人がと言う政治屋がいますが。
私の知り合いは、大学のキャンパスでたまたまノーベル受賞者の先生が歩いておられるのを見かけ、興奮したと言っていました。やはりオーラ違うんでしょうね。

(9月 28日掲載)
































アケビ

今年はアケビを見つけるのに苦労しました。いつもなら散歩中にこんな所あるんたと言う所にあるんですが、それがなく、氷ノ山の写真を撮りにいくとき、注意深く行き、ありそうな所で注意深く見て、見つけました。自分ながら、感心します。小さい頃からの習性がいまだに健在みたいです。左下の方に白くなって開いていますが、中を見たら、もう鳥たちに食べられていました。アケビが開いたら、中に白く、綿上の種があり、それが大変甘く、それを食べるのが楽しみで、小さい頃、山に行きました。でも見つけるのが大変で、鳥たちと競争になっていました。アケビを見るとよく鳥たちと競争したなと思い出します。
昔は日本シリーズ今より早かったのかもしれませんが、ラジオを持って山に行って日本シリーズを聞いた覚えがあります。巨人VS阪急よく聞きました。大阪にいた頃、阪急の選手で代打専門の高井と言う選手が昔住んでいた家が近くで、最初気づかず、阪急の高井貴方の住んでいる近くにいるでしょうと聞かれびっくりしました。


(9月 28日掲載)















氷ノ山

今週は久しぶりに火曜日、いい天気の日があり、先週号に載せなかったので、日曜日に撮りに行っていたんですが、もう一度行きました。雨で山の道は荒れ、大変でした。
氷ノ山も頂上付近は赤く色づき始めていました。毎年いい天気の日があり、、いい写真が撮れたという日が何日かあるのに、今年はなかったように思います。天気のいい日はここも眺めがいいんですが、もう一箇所氷ノ山の写真を撮りに行く所があるのに、今年はそこには一回も行っていません。先日気象庁が冬の予想していましたが、今年も雪が多いそうです。うんざりです。また雪かきしなければいけないようです。
すこし恐怖です。


(9月 28日掲載)